「秋田県災害多言語支援センター」の設置・運営に係る協定締結について


秋田県と秋田県国際交流協会(AIA)は、県内に大規模災害が発生した場合に外国人を災害弱者としないことを目的に、「秋田県災害多言語支援センター」の設置・運営に係る協定を締結しました。

   

1 協定締結日

   平成28年5月10日
 
2 災害多言語支援センター(センター)とは
秋田県内で大規模災害が発生した場合の、多言語での情報提供や外国人支援のための包括的な活動拠点。
 
3 センターの活動内容
  ●多言語翻訳、情報発信
    行政機関等が出す災害情報を、多言語に翻訳して外国人に発信します。
  ●電話、窓口対応
    電話・窓口での対応により、外国人の状況やニーズを把握し、必要な支援について関係機関と調整します。
  
●避難所等巡回
    必要に応じて避難所などを巡回し、外国人の避難状況把握や避難所の多言語化などに協力します。
 
4 設置時期
秋田県に「災害対策本部」が設置された場合(震度6以上の地震発生時など)、被害状況や外国人被災者・避難者の有無などをもとに、秋田県と協議のうえ設置します。
 
5 設置場所
   秋田県国際交流協会内(アトリオンビル1階)。
   ただし、協会が被災した場合は、他の場所となります。
  
 
イメージ図

情報サービス

各種貸し出しをしています。